読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ

インテリアや収納の本を読んで、私が気になった情報をメモするブログです。片づけ、断捨離、掃除の本も読んでいきます。

シンプルでスッキリだけど暖かみのある、お洒落な部屋にするためのアイデア13選

シンプルな部屋のアイデア

このブログではインテリアや収納の本を読んで、私が気に入ったアイデアをメモしていきます。毎日更新を目指してます!

【今日からすぐできること】

シンプルでスッキリだけど暖かみのある、お洒落な部屋にするためのアイデア

【1】シンプルな玄関に、ユニークで可愛いマットを置く
【2】リビングに入る時、視線の先にアイキャッチとなるユニークな雑貨orポスターを置く
【3】ひとつひとつの家具は個性的なデザインでも、色味は茶や白に抑えて
【4】食器棚の取っ手をタッセルに付け替えちゃう
【5】シンプルな生地のカーテンに、カラフルで可愛い飾り付きの紐をカーテン止めとしてつける
【6】家具を部屋に置きすぎず、窓際の空間を大きくとって、開放感を出す
【7】本棚の一部に、雑貨を飾るだけの段を作る
【8】表紙がおしゃれで可愛い本は、見せる収納
【9】リビングに入るドアは、上が丸い扉
【10】キッチンは色味をぐぐっと抑えて、シンプル&スッキリに
【11】まず欲しいものをイメージし、そのイメージにピッタリなものに出会うまで、物は買わない。出会うまで、とりあえずの物ですませる
【12】傷んだら張り替える等して、永く使っていくことで、既製品を自分のものにしていくというスタンスをとる
【13】アートを飾る楽しみをもつ


以下、詳細。




 整理整頓好きか高じて、2009年に"整理収納アドバイザー1級"を取得した柳沢小実さん。ご自宅を訪れると、その整頓ぶりは一目瞭然。"美しい"の一言に尽きるほど部屋全体は整えられ、一つひとつのものが意味をもって配置。見える部分はもちろん、クロゼットや引き出しの中など隠れた部分まで、スッキリ気持ちよく片づけれられている。

暮らし上手の整理と収納 (エイムック 2061)


"美しい"の一言に尽きるほど整えられた部屋...見たい!ネットで調べてみました。雑誌の取材時とは違う住まいに引っ越されていたようで...。


柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-によると、柳沢小実さんのお宅は閑静な住宅街にあるヴィンテージ・マンションだそうです。


シンプルな玄関に、ユニークで可愛いマット。視線の先にあるのは、ポスター。リビングに入る時、視線の先にアイキャッチとなるユニークな雑貨を置くのは、おしゃれインテリアでよ使われるテクニックですね。
f:id:sclo-a:20150311063625j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-から画像をお借りしました。


ひとつひとつの家具が個性的なのに、シンプルでスッキリした印象。色味が茶と白に抑えられてるからでしょうか。テーブルにおいたグリーンがすごく映えますね。
f:id:sclo-a:20150311064218j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


食器棚もヴィンテージな雰囲気がして素敵ですね。取っ手がタッセルになってて、すごくおしゃれ。
f:id:sclo-a:20150311064615j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


普通の食器棚も、取っ手を↓のようなタッセルに付け替えて、真似できそう。



カーテン止めは逆にタッセルじゃなくて、可愛い飾りつきの紐。こういうカラフルなカーテン止めだと、シンプルな生地のカーテンが可愛くなりますね。よく見ると、鈴もついてる!
f:id:sclo-a:20150311065157j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


家具を部屋に置きすぎず、窓際の空間を大きくとって。開放感がうらやましいです。
f:id:sclo-a:20150311065615j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


これもインテリアにこだわる人が必ずやってるテクニック!「本棚の一部に、雑貨を飾るのみの段を作る」。私もやってます。全部の段に本を詰め込んじゃうと、圧迫感があるんですよね。(その「本の圧迫感が好き」という人もいます)
f:id:sclo-a:20150311065755j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


こうやって、表紙がおしゃれで可愛い本は、見せる収納。これも私やってます。それにしても、この本は何?『ベッドでのむ牛乳入り珈琲』...めちゃくちゃ惹かれるタイトルなんですけど...
f:id:sclo-a:20150311070037j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


あった...昭和27年の本...3000円で売られてる古書でした。古書ってロマンですよね〜(*´∇`*)

ベッドでのむ牛乳入り珈琲 (1952年)

ベッドでのむ牛乳入り珈琲 (1952年)


丸い扉!いいなぁ。将来もしおうちを建てることになったら、こんなリビングはこんな丸い扉にしたいなぁ。
キッチンも色味をぐぐっと抑えてて、シンプル&スッキリですね。掃除しやすそう。キッチンってどうしてもごちゃごちゃしちゃう。キッチン雑貨もカラフルなものが多くて、色味を抑えるの大変。このお宅のキッチン、真似したい。
f:id:sclo-a:20150311070540j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


小物も全てに統一感があって、並べるとまるでお店みたい。柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-のインタビュー記事に書いてあったのですが、物の選び方を重要視なさってるそうで...。「ちゃんと選んでいればそうひどいことにはならない」という言葉が心に残りました。
f:id:sclo-a:20150311070832j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


シンプルなお宅によくある「殺風景感」が全くないんですよね。シンプルでスッキリしてるのに、殺風景じゃなくて、逆に暖かみがある。本当に憧れる。
f:id:sclo-a:20150311071054j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


ベランダの緑もいいですね。ヴィンテージマンションならではの柵も素敵。
f:id:sclo-a:20150311071259j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


素敵な部屋に住んでる人の共通点があります。それは「まず欲しいもののイメージがあり、そのイメージにピッタリなものに出会うまで、物は買わない。出会うまで、とりあえずの物ですませる」という点。リンク先の記事を読むと、柳沢さんも同じようです。


—柳沢さんのもの選びのポイントは?

食べ物や消耗品など、家に入ってすぐ出て行くものは割と気楽に選んでいますね。家具や雑貨はモノによりますが、永く使うものに関しては吟味します。それがまず大きな違いかな。

—衝動買いしないんですか?

(家具をさして)これは衝動買いしたものなんですが、自分の中ではサイズ・高さ・奥行きと、こういうものがここに入って、というイメージが既に決まっていたんです。面倒なお客かもしれないですけど、全部メジャーで測って、ここにファイルを入れたいけど大丈夫かなとか、棚位置を変えられるかなどチェックするので、決めるまでは早くても吟味して買っています。

—漠然と「こういうものがほしい」というよりは、具体的なイメージがまずあってそれに近いものがあったら買う、というような感じなんですね。

家具は特にそうかもしれません。住みながらキョロキョロと目を配っているというか。かと思えば、このダイニングテーブルは実家から借りてきたものなのですが、木の色やデザイン、テイストが決まらなくてまだ買えていないんです。長い旅です(笑)。

柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より引用

やっぱり、丸い扉がすごくいい...。
f:id:sclo-a:20150311071924j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


ラグも素敵。
f:id:sclo-a:20150311072009j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


元々この椅子はスヴェンスクテンのゾウの布が貼ってあったんですけど、傷んでしまったので張り替えて。そうやって永く使っていくことで、既製品を自分のものにしていくというスタンスが好きです。

柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より引用


"永く使ってくことで、既製品を自分のもにしていくスタンス"
素敵すぎる。


アートを飾る楽しみを大切にしているそうです。アート...私は何にも飾ってないです。子どもの絵は飾ってるか...。
f:id:sclo-a:20150311072432j:plain
柳沢 小実さん 『お気に入りのものに囲まれた、エッセイストのお宅』 / INTERVIEWS / LIFECYCLING -IDEE-より


シンプルだけど、暖かみのあるお部屋。すごく参考になりました。もの選びの重要さは昨日の記事(シンプルでも美しい。丁寧な暮らしのための道具の選び方。 - インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ)にも書きましたが、今日改めてその重要性を確認。


明日も、雑誌やネットから、気になるインテリア&収納のアイデアをピックアップしていきます。

読んだ本

暮らし上手の整理と収納 (エイムック 2061)

暮らし上手の整理と収納 (エイムック 2061)


明日も雑誌の中から、素敵なインテリア・収納の話をメモしていきます。